歴史を誇るムートン帝国の本拠地「シャトー・ムートン・ロートシルト」

スポンサーリンク
ワインを巡る旅
この記事は約3分で読めます。

19世紀にムートンの畑はラフィットやラトゥールと同様に「ブドウ王子」の異名をとったニコラ・セギュール侯爵が所有し、後にド・プラーヌ男爵が所有した時に「プラーヌ・ムートン」と命名しました。

1853年にヨーロッパの名門ロスチャイルド一族のイギリスの分家であったナタニエル・ド・ロスチャイルド男爵が取得して、現在の「シャトー・ムートン・ロートシルト」となりました。

2年後、クルティエが取引価格を元に定めた1955年の格付けでは、2級に甘んじていたが、歴代のオーナーは片田舎に足を運ぶこともなかったため、その秘めたポテンシャルを開花させることができませんでした。

1922年にナタニエル男爵のひ孫にあたる若干20歳のフィリップ男爵がドメーヌを継承し、自らの生涯をドメーヌに捧げることになり、これが同時にムートンの大きな転換点となりました。

先見性と実行力に長けたフィリップ男爵は、自らのシャトーだけではなく、ボルドー全体を変革する重要な役割を果たしました。

その一つが24年後に決断したシャトー の元詰めシステムへの移行であったのだが、それまでシャトーでは、ワインは樽に詰められてネゴシアンに渡され、ネゴシアンが熟成させて出荷していました。

品質管理やワインんお真正性の面で、様々な問題を抱えていましたが、フィリップ男爵の呼びかけによって、元詰め(ミ・ザン・ブテイユ・オー・シャトー)は広がっていき、ボルドーの品質の基礎を固めることになりました。

この元詰めをするためにはワインの保管場所が必要なるため、26年にはムートンの誇るグラン・シェ(貯蔵庫)が建設されました。

男爵はボイヤックの小さなワイン商社を買収し、これが現在の「バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社」の前身となりました。

この時代には、もう一つ画期的な出来事として、ブランド・ワインの元祖となる「ムートン・カデ」の誕生が挙げられます。

3年連続でブドウの出来が悪かった30年、シャトー・ワインが仕込めなかったため、代わりに生産したのが始まりでしたが、その後93年に専用のワイナリーを建設して、醸造から保管までを一貫管理する体制を作り上げ、ラインナップを充実させました。

このムートン・カデは最も大切なブランド・ワインとして150カ国で販売され、年間1200万本の生産量を誇り、ムートン帝国の屋台骨を支え流ことで、ボルドー・ワインの代表的なブランドとして定着しました。

ムートン帝国と呼ばれるマルチな展開をしたフィリップ男爵は拡張や買収を積極的に進めて、79年にはカリフォルニアのナパ・ヴァレーのロバート・モンダヴィ氏とジョイント・ベンチャーを組んで「オーパス・ワン」をリリースしました。