初のオーガニック認証を受けたシャトー・ラトゥール

スポンサーリンク
ワインを巡る旅
この記事は約5分で読めます。

前回は「歴史に裏付けられた進化するグラン・ヴァン『シャトー・ラフィット・ロートシルト』」と題して、ボルドーのフィネスとエレガンスの象徴であるワインを紹介させていただきました。

今回は14世紀にも遡る歴史があるボイヤック村で最古参の生産者でもあるシャトー・ラトゥールは、買収や相続を繰り返し、17世紀末にはセギュール家の所有となり、1718年にブドウ王子と呼ばれたニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が運営するようになり、シャトーとして歴史の表舞台に立ちました。

ニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵は1718年〜20年もの間、後に第1級シャトーとなる「ラトゥール」「ラフィット」「ムートン」の3つを手中に納めていました。

ラベルに描かれた塔は象徴的で、これはイギリス人が15世紀に海賊の攻撃を守るための要塞の跡地にあり、現在建っている塔は17世紀に建てられた鳩小屋となっています。

18世紀に入ると、ラトゥールのワインはイギリス市場で高評価を得ることに成功して、ヨーロッパ北部でボルドーのワインビジネスが発展したことも相まって、世界的な評価につながりました。

貴族や裕福なブルジョアがボルドーのワインを愛飲するようになってラトゥールのワインはメドックでも最高峰のワインの1つに数えられるようになりました。

この頃からすでに「情報を飲む」時代だったのかと考えるとマーケティングの進化もゆっくりとしたように感じられますね。

このラトゥールは1855年に第1級の格付けを受け、その地位を不動のものとし、現在のシャトーは、62年〜64年の間に建造されたものとなっています。

1963年になってニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵の後継者が株を売却してしまい、そこから30年間にわたりイギリス資本に経営権が移りました。

金融企業である「ビアソン・グループ」が50%以上を所有する筆頭株主となって「ハーヴェイズ・オブ・ブリストル」が25%を所有しました。

1989年に「アライド・ライオンズ・グループ」は、すでに所有していたハーヴェイズ・オブ・ブリストルに加えてビアソン・グループまでをも買収し、大株主となりました。

ボルドーのトップ・シャトーを、海外資本が所有した例は極めて珍しく、この期間にシャトーの土台が構築された点は見逃せないと思います。

モダン・ラトゥールのスタート

時代は少し戻りますが、1963年に12.5haの2区画を買収し、これがセカンドワインである「レ・フォール・ド・ラトゥール」の基盤となっています。

古い木樽には、温度調節機能を持ったステンレスタンクに交換され、これが先進的な取り組みとして時代の先駆者として存在感を持ったのです。

1963年に「グッチ」や「サンローラン」「クリスティーズ」などのラグジュアリー企業を所有する実業家のフランソワ・ピノー氏が、アライド・ライオンズから、シャトーを買収して、現在のラトゥールの成功を決定づけました。

この時の買収額が1億3100万ドルと歴史的な高額で、このラトゥールこそが買収劇の第一弾となり、ピノー氏はその後、ブルゴーニュの「ドメーヌ・ドゥージェニー」「クロ・ド・タール」、ローヌの「シャトー・グリエ」、ナパ・ヴァレーの「アイズリー・ヴィンヤード」など各地のトップワイナリーを買収して「グループ・アルテミス」として傘下におさめました。

ピノー氏が賢明だったのは、フレデリック・アンジェラ氏という優れた経営者をリクルートして、ワイナリー経営を任せたことにあったように思う。

彼は99年からセラーを刷新して、小型ステンレス発酵槽を導入して、区画別に醸造できる体制を整え、83、85、86年のような豊作年には、発酵槽が不足して、十分な醸すための期間をとることができず、ラトゥールは80年代に不調に陥ってしまいました。

そこで彼は原因である醸造能力の限界を改善することを最優先課題として実行していきました。

アンジェラ氏は学生時代からのワイン愛好家で、ブルゴーニュのドメーヌを訪問していたため、栽培についての知見も併せ持ち、圃場改善に乗り出し、2016年から92haの圃場全体をオーガニックによる栽培に切り替えていきました。

このような第1級のシャトーがオーガニックに転換したのは初めてで、グラン・ヴァンを生み出す区画「ランクロ」の47haはビオディナミに転換しています。

14年には女性で初の第1級シャトーの技術責任者となったエレーヌ・ジェナン氏は畑から採取した9種の野生酵母を培養して醸造し、亜硫酸はマロラクティック発酵後まで添加しないというこだわりぶりをみせています。

自然派グラン・ヴァンという新たな領域への挑戦

ラトゥールの畑はジロンド側から300mしか離れておらず、川の保湿効果によって温暖な気候を生み出しており、91年のように産地全体が深刻な霜害に襲われても、ラトゥールへの影響はほとんどありませんでした。

このグラン・ヴァンを生み出すシャトーの周りの標高が12m〜16mに達するランクロの区画は、礫が主体で砂利と砂が混じった水捌けの良い環境となっております。

このランクロの平均樹齢は60年程度で3・ジュリアン村の「シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ」まで連なっているのですが、メドックで最も条件に恵まれた圃場の一つだといって良いでしょう。

シャトーは12年にブリムールから撤退し、2011年がプリムールで売られた最後のヴィンテージとなってしまいました。

そのワインは熟成を迎えて飲み頃になったタイミングで発売されており、試飲であればプリムールの試飲会の時期になれば楽しめることができます。

ロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケイトは2016年、2010年、2009年、2003年、1982年に100点を与えており、プリムールから抜けてなお、評価と品質は揺るぎのないものとなっています。