京都の夜の街で食べたカレーうどん

スポンサーリンク
麺づくり
この記事は約1分で読めます。

今じゃチェーン店もできて大きくなってしまったけど、私がよく食べていた頃は京都の夜の歓楽街といえば木屋町三条にあるカウンターに5〜6席だけあるような出前が多いカレーうどん専門店だった。

記憶を引き出しながら再現してみた。あの時と作り方も調味料の分量なんかも違うかもしれないけど確かに「この味」だ。

材料(2人分)

  • うどん(冷凍)・・・2玉
  • 豚細切れ・・・150g
  • 玉ねぎ・・・
  • バター 20g
  • カレー粉大さじ1
  • 万能めんつゆ240ml
  • だし・・・・大さじ1
  • 水とき片栗粉  大さじ1
  • 万能ネギの小口切り
  • 専門店の味いか天入り天かす天華

作り方

玉ねぎは薄切りにする。豚肉は大きければ食べやすく切る。

フライパンにバターを溶かして炒める。豚肉の色が変わったらカレー粉を振り入れ、香りが立つまで炒める。

めんつゆとだしを一煮立ちさせて、水とき片栗粉を加えてさっととろみをつける。

うどんは田ぷりの熱湯でほぐれるまで茹でてから湯を切る。器に入れて3をかけて万能ネギ(できれば九条ネギ)をのせて完成。