牛若丸のあっさり梅わかめうどん

スポンサーリンク
麺づくり
この記事は約1分で読めます。
もやしもん
もやしもん

私の中学生時代に源義経の本を読んだ時に感銘を受けて、京都の貴船からさらに奥へ進むと鞍馬山へと今でいうところの巡礼ツアーに行きました。

鬱蒼としげる鞍馬山の森の麓に定食屋があって、今でも営業しているのかな〜

京都の蒸し暑い夏に食べた梅うどんの味が今でも忘れられない。

この地で修行した牛若丸に思いを馳せながら朧げな記憶を頼りに再現したうどんをすする。

レシピ

  1. 近所のスーパー買った一袋9円のうどん
  2. 乾燥わかめを適量を水で戻しておく
  3. 自分で漬けた梅(昔ながらの手法で作った農家直伝の梅)
  4. 白ネギ適量
  5. 醤油大さじ1
  6. みりん大さじ半分
  7. だしの素お好みで

作り方

  1. うどんはレンチンでOK
  2. わかめは1分でOK
  3. 5〜7を水300mlで一煮立ちさせる
  4. [作り方3]を皿に入れて[作り方1と2]を入れる
  5. 3を潰しながら入れて4をお好みでかければ完成
もやしもん
もやしもん

牛若丸を感じさせるうどんは定かでは無いですが、手に入りやすい食材と手間のかからない工程で作ってこの味は大満足した♡